--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/19 Fri 08:18 Civ4
ブルでした。
Civ4ScreenShot0077.jpg

あと途中で友達が乱入してきたけど、今日みたいな展開だと暇をつぶせてちょうど良かったかも。でもそいつにもっとしゃべれって駄目出しくらった。まったくいい友達を俺は持ったもんだ。

BC3000
補佐官「どうもユスティを閉じ込めてるっぽいです」
俺「石をとれなかったら考えよう」

BC2500
補佐官「ユスティがこちらに張ってきました。石確保は厳しいかもしれません」
俺「石はあきらめよう。世の中諦めが肝心だ」
補佐官「今日はさばさばしていますね。どうしてですか?」
俺「いや、なんていうかねばねばしたくないんだ」

BC1120
補佐官「ユスティが国境沿いのツンドラに鉄を見つけたようです」
俺「銅鉄はココだけにしかないと見た。これは先手を打っておいた方がよさそうね」
補佐官「でも犬では都市落とせないのでは?そもそも兵数足りませんよ」
俺「なーに、改善荒らしながらカタパを待てばいいさ」

BC840
ブルがユスティに宣戦布告

AD80
補佐官「隣にいた徳川がマンサにやられました」
俺「そっかー」
補佐官「で、うちがユスティを滅ぼす見込みは立ちません」
俺「おーのー」

AD600
補佐官「ユスティが不毛な戦争はやめてシャカ行こうぜって言ってます」
俺「挟撃フラグだろ・・・攻めたい理由はなんだって?」
補佐官「シャカがむかつく、とのことです」
俺「よし、和平してやろう」

AD88
ブルとユスティが和平

同AD880
シャカがユスティブルに宣戦布告

補佐官「シャカ、わざわざ和平した後に宣戦布告してきました」
俺「ずれた間の悪さも、それがシャカのタイミング」
補佐官「でもこの兵数だとやられるのも時間の問題です」
俺「 」


AD920
ユスティがシャカに宣戦布告

補佐官「ユスティがマジでつきあってくれました」
俺「戦えば友情が芽生えることが証明できたな」

AD1200
補佐官「シャカに逆進攻をかけましたが失敗しました」
俺「マンサも誘えないかな」
補佐官「厳しいです。ぬくりたいとのこと。一方シャカは蛮族同盟を組みたがっています」
俺「よし、名案を思いついた。シャカにはマンサを攻めるみたいなそぶりを見せて、マンサにはシャカを攻めるみたいなコトを言っておこう」
補佐官「で、どうするんですか?」
俺「二人がつぶしあったところでどちらかを攻めればいいよ」


AD1320
シャカとブルが和平
同AD1320
ブルがマンサに宣戦布告

補佐官「マンサにいつ出兵しましょう」
俺「マンサとシャカの戦争の具合を見てからだな」

AD1400
補佐官「マンサとシャカは戦争する気がなさそうです」
俺「何でだろうな、どちらにしても3vs1が期待できる。いいチャンスだと匂わせたのに」
補佐官「他国のエネルギーグラフが確認できました。うちとユスティのエネはシャカ、マンサの1/4程度です」
俺「 」

AD1430
ブルとマンサが和平

補佐官「で、この後どうします?」
俺「ぼーっとしようか」

AD1500
シャカがブルに宣戦布告

補佐官「まずいです。シャカが自国の兵を全部こちらに向けてきました」
俺「耐えられそうか」
補佐官「無理でしょう」
俺「君と一緒に長弓をもっと作りたかった、盟友のユスティにはそう伝えておいてくれ」

AD1530
マンサがシャカに宣戦布告

補佐官「マンサが助太刀してくれました」
俺「ナイスマンサ」
補佐官「シャカは奪った都市を返すから和平してくれと言っていますがココは突っぱねて耐えきりますか?」
俺「シャカの兵は自国に帰ってるか?」
補佐官「シャカの全国民はこちらに移住する気まんまんです。和平しないとうちは滅ぶでしょう」
俺「しょうがない。シャカと和平しよう。マンサには漁夫の利は良くないことだってユスティが言ってたと伝えておこう」

AD1560
ブルとマンサが和平

補佐官「で、この後どうしましょう。東の国ではもうすぐ大合戦がブームらしいという噂が」
俺「はやりに乗り遅れるのはちょっと俺の主義には合わないな。ユスティに戦争を申し込んでおけ」
補佐官「ユスティに会いに行ってみると暇をもてあまして本を読んでいました。戦争したいという旨を伝えると微妙に喜んでました」
俺「よっぽど暇がつらかったと見える」

AD1620
ユスティがブルに宣戦布告

補佐官「来ました。相手の主力は長弓とカタパルトです」
俺「よし、うちも攻めるぞ」
補佐官「首都の兵をこんなに減らして大丈夫ですか?」
俺「なーに、うちの長弓をなめてもらっては困る」

AD1650
カホキアがビザンチンに占領されました

補佐官「首都が奪われました」
俺「 」

AD1655
マンサがユスティに宣戦布告

補佐官「マンサが来ました」
俺「1vs1を楽しむと言っていたのに空気読めない奴め」
補佐官「向こうとしては助けてやったのにっていう気持ちがあるからだと」
俺「そうなの?」
補佐官「とりあえずマンサ近くの都市からの避難命令を国民に出しておきました」

AD1670
補佐官「ついに1都市だけになりました。それから、もうすぐこの世界も終わるらしいです」
俺「まあ東の国はトップ争い楽しそうだったし、いいんじゃないかな。配信者も東に固まってるだろ」
補佐官「でしょうねきっと」

AD1675
そして世界はヴィクトリアが覇権を握り、おわった。
俺「ヴィクトリアって?」
補佐官「さあ・・・。ほかの配信者を覗けば東の国の様子がわかるかと思います」
俺「そっか。で、配信者って結局、誰と誰だったんだ?」
補佐官「えーと・・・お伝えします。シャカとユスティだったようです」
俺「これ は ひどい」
補佐官「あとスーリヤも配信してました」
俺「早く言えよ」

おつかれさまでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kamihako.blog55.fc2.com/tb.php/16-1ca367e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。